FC2ブログ

まったりブン屋

のんびり不定期更新。後が心配。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二話 師匠と弟子

ファルエレ・ヴェルゴと師匠のいしい・たけるは草原を駆け巡り、モンスターを討伐していった。
大体半日ほど続けて師弟は討伐を終了した。

「うん。強くなりましたね」微笑むたける。

「ありがとうござます!」喜ぶファルエレ。

「じゃあ街に戻りましょうか」たけるに着いて行くファルエレ。

【首都】

「たける、良い所に居た」首都の前の門で二人が出会ったのはカセドリア軍最強の将軍。

ウィンビーンだった。

「これはこれはウィンビーン将軍。何か御用ですかな?」たけるは落ち着きを保つ。

対してファルエレはガチガチに固まっている。

「・・・・そこの青年が君の言っていた弟子か」ウィンビーンはファルエレを見据える。
「私はウィンビーン。君の事はたけるに聞いている」握手を求めるウィンビーン。

「じ・・・自分は第四部隊【スペード・エース】所属、ファルエレ・ヴェルゴであります!!!」
そういってウィンビーンの手を握る。

「ん?ああ、あのホルデイン戦にてスカウト軍団の発見やソーサラー隊の攻撃を凌ぎ、我が軍を勝利に導いたというウォーリアーは君だったか」微笑むウィンビーン。

「ええええええええええええええ!!!!?そんな風に報告が入ってるんですか!?」驚くファルエレ。

「ティファリス様も会いたがっていたし・・・よし。君にはたけると来てもらう」そういって歩き出すウィンビーン。

「良かったですね。こんなこと滅多にありませんよ」歩き出すたける。

「ええ。多分一生に一度かと」そういって二人を追うファルエレ。

ファルエレは密かに【小英雄】として街にその名を轟かせていた事に数分後気づく。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hellsfire.blog36.fc2.com/tb.php/37-4eda573d

 | HOME | 

プロフィール

雪

Author:雪
性別:男性
備考:暇人。でも学生。されど暇人。

【学生スペック】
五教科総合:B
芸術系:C
IT関係:A
体育系:S
武道系:S

【人間スペック】
人間性:B
社交性:C
信頼性:B
環境適応能力:S
仕事の速さ:C
優しさ:独善レベル
愛情:捧げるタイプ
友情:B
感情の波:激しすぎる
鬼度:S
性格の善悪:中立

大体こんな感じ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
小説っぽいの (3)
小説っぽいの(東方Project) (0)
小説っぽいの(ゲームとか) (1)
小説っぽいの(自分の日常編(フィクション込) (0)

カウンター

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。