FC2ブログ

まったりブン屋

のんびり不定期更新。後が心配。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏路地アサシン

これは稜真と件の二人組みが遭遇する三日前である。

狭い路地裏で男が蹲っている。
「くははは。俺から逃げようなんざ二百年早い」長い金髪の長身男が男に話しかける。

「くそ・・・・何なんだお前」男は恐怖を顕にしながら長身金髪に叫ぶ。

「くはは、愚問だね。俺はアップル。人呼んで『血濡れの林檎』」アップルは笑う。

「血濡れの・・・・・!!!まさか・・・・!!」男は震え上がる。

「正解。『組織』ってヤツだ」ガコン、とショットガンと言うにはでかいショットガンを腰のホルスターから抜き取る。

「やめろ・・・・頼むから」男は足を引きずりながら逃げようとする。

「悪いな。裏切り者を殺せと言われている」アップルはカラカラとショットガンを回す。

「情報は洗い浚い話す・・・・だから命だけは」男は胸のポケットからカプセルを取り出す。

「はぁん。そいつが『シンデレラ』か」カプセルをまじまじと見つめるアップル。

「そうだ。これが『シンデレラ』」男はアップルに差し出さず手に握る。
「見逃してくれ。そうしたらこれをやる」

「おっさん、ほんとに悪い。個人的には逃がしてやりたい。でも」

カショ、ショットガンを構える。

「任務だからな」ニカッと笑う。

そして三度の銃声が夜の街に響き、また静寂が戻る。
不意にその静寂が破られる。
携帯の着信音だ(ちなみに曲はKAZE NO KIOKU)

「おう、クリムゾン。こっちは終わったぞ」頭のない死体の手からカプセルを取り出す。

『さっすが林檎。仕事が速いね』電話の向こうから明るい声が聞こえる。
『あと私のことはちゃんと【紅(べに)】って呼んでよぅ』幼い声が反論する。

「あ~わかったわかった。さっさと『スノーホワイト』を回収しろ」苦笑するアップル。
「俺は『ビューティー』を回収しに向かう」そう言って通話を断つ。

「さぁて。忙しくなりそうだね」

この夜を境にこの街では凶悪犯罪者連続死亡事件が続く。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hellsfire.blog36.fc2.com/tb.php/3-a9677d74

 | HOME | 

プロフィール

雪

Author:雪
性別:男性
備考:暇人。でも学生。されど暇人。

【学生スペック】
五教科総合:B
芸術系:C
IT関係:A
体育系:S
武道系:S

【人間スペック】
人間性:B
社交性:C
信頼性:B
環境適応能力:S
仕事の速さ:C
優しさ:独善レベル
愛情:捧げるタイプ
友情:B
感情の波:激しすぎる
鬼度:S
性格の善悪:中立

大体こんな感じ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
小説っぽいの (3)
小説っぽいの(東方Project) (0)
小説っぽいの(ゲームとか) (1)
小説っぽいの(自分の日常編(フィクション込) (0)

カウンター

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。